ハワイ

実際にあった話です。他の業種の話ですが・・・凄い花屋さんが存在したものです。
フラダンス教室の集客アップに使えたら、応用できたらいいですね。

小さな小さな花屋さんのアイデア

小さな花屋さんがあったそうです。
何とか売上をあげたいとの思いからあるアイデアを思いつきます。

登場人物は3者です。まずは、自分(花屋)です。あとの2つが、タクシー会社とスナックなどの夜の飲食店(飲み屋さん)です。
これでピンと来た人は凄いです。

集客のイメージ図



あなたなら、この図からどんなアイデアが浮かびますか?

この3者がすべてWIN-WIN-WINとなるようなアイデアです。みんなが満足・満足、めでたし・めでたし、となるようなアイデアです。
何だと思いますか?


実は・・・
この花屋さんは、夜のお店屋さん、スナックやパブなどアルコールを提供するお店に行って、次のようなことを持ちかけたのです。

「無料で、このお店に(毎日)花を飾らせていただきます。タダです。つきましては、お客さまがアルコールを飲んでタクシーを利用される時には、私の指定するタクシー会社を利用してもらうという条件では、いかがでしょうか」という交渉です。

あなたがもし、スナックやパブなどのママさんやマスター(マネージャー)だったら、どう考えますか。
たぶん、2つ返事でOKだと思います。

店内を綺麗に飾る花の代金が無料になるのです。タクシー代はアルコールを飲まれたお客さまが払うわけですから、店にとっては何も関係ありません。ありがたい話ですね。

この花屋さんは、このセールストークでたくさんのお店を開拓します。

この開拓したお店のリストを持って、次はタクシー会社にいきます。
お偉いさんに言うわけですね。

「これだけのお店から、タクシーを利用したいお客さまからのコールが入ります。つきましては、毎月、これだけの手数料をいただきたいのですが・・・」

※花屋さんは、この手数料からお店に毎日届ける花の代金を支払ってもらう形にしたわけです。もちろん利益が出る手数料金額です。

条件に合わないタクシー会社だったら、また次のタクシー会社を探せばいいだけの話です。

タクシー会社側としては、願ったりかなったりです。毎月支払う手数料よりもたくさんの売上が期待できるからです。
また、実際にそれだけの売上増が図られることになります。

※タクシー会社としては、毎月毎月テレビCMや新聞・雑誌に広告を出しています。その一部を、この花屋さんに回すだけの話です。
それで確実にお店からコールが入るのではあれば、万々歳ですから。

今までゼロだったものが、確実にお金が入る形になるわけですから。

この花屋さんは、このビジネスモデルで売上が億円単位にまで成長したそうです。凄いですね。
アイデア一つです。

フラダンス教室の集客アップへの応用

さあ、この図をよーく眺めてみてください。フラダンス教室の集客や売上増に応用できませんでしょうか。

集客アップアイデアイメージ図



意識しているだけで、あなたの潜在意識に課題として投げかけていることで、ある日突然アイデアがひらめくかも知れません。
将来、あの時の発想・アイデア・ヒラメキがきっかけだった、という日がくるといいですね。